ルテインの効果って?副作用はどうなってるの?

 

はじめまして。
このサイトの管理人のマメッチです。このサイトに訪れる人は、すでに目に問題をかかえている&スマホやテレビの光で目に大きなダメージを与えている人が多いです。

 

でも安心してください。そんなマメッチ(42)が20代前半から悩み続けていた「目の悩み」から奇跡のうるおい目、そして飛蚊障を克服できました。この20年でルテインの効果や副作用にはかなり詳しくなったので、目に病気に関することならこのサイトでゆっくり勉強してみてくださいね♪


ルテインの効果と副作用とは?

管理人マメッチが感じるルテインの5つの効果!

  1. 飛蚊症 (目に前を蚊のようなものが飛んでいる病状)
  2. 美容 (抗酸化作用により、目の周りの老化を予防する働き)
  3. スマホ老眼 (スマホをよく使う人に急増している病状)
  4. 黄斑変性症 (黄斑の老化でどんどん視力が低下していく病状)
  5. 眼精疲労・疲れ目 (本やパソコン操作での極度の目の疲れ)

 

このほかにもドライアイにも効果があるといわれています。ルテインは目の周りだけに多く存在している組織なので、目の病気=ルテインの低下と考えるのがよいでしょう!

管理人マメッチのルテインの副作用報告!

ルテインは天然の花から抽出されたエキスなので副作用はありません。これはアメリカの研究所でも2006年に報告されています。ただ、食からルテインに摂るならいいのですが、サプリメント選びの失敗や、過剰摂取は人体に影響を与えます。

病状別:ルテインの適量はこちら

特集!ルテインと○○が合う理由!

ここでは、ルテインが目にわかったけど自分の目の悩みになぜルテインが効くのかご紹介します。一言でルテインは飛蚊症・美容・スマホ老眼・黄斑変性症・眼精疲労や疲れ目にいいといっても具体的に知りたいと思います。各病状を参考にしていただけたらと思います。

 

ピックアップ!おすすめのルテインサプリメント!

 

今おすすめのルテイン配合サプリメントは一望百景!
薬局やドラッグストアで売られているルテイン配合のサプリメントは、ルテインが8mg〜12mgしか入っていません。これは昔の基準のまま販売されているのです。実はルテインは20mg〜40mgがあれば目のイライラに関する悩みを解決できるといわれています。

 

 

私は事務仕事のため、毎日パソコンをよく使用します。そのため仕事でもルテインを飲んで効果を期待しています。そこで目をたくさん使い、家に変えればスマートフォンを使うので、ほどすべての時間、コンピュータなどで目を使っていると言ってもいいと思います。そのため、目がとても使えます。クマもできるし、かすむので文字が見にくかったりもします。副作用もありません。ルテインの効果はまだ現れませんが、副作用もないのでいい感じです。年々視力が低下していくのですが、頑なに眼鏡をかけないでいます。それは、眼鏡をかけると、鼻の所に眼鏡のパッドのくぼみができるためです。色も黒く変色するし、眼鏡をかけると余計目が疲れる気がするのです。疲れ目なのに、裸眼で、かつ乱視な私が一番苦労している事は、歩いている時に上の方にある看板が見えない事です。ぼやけてしまっていて、うまく読み取れないのに、人の流れの中立ち止まることもできません。その結果、行き過ぎていて、戻らなくてはならなかった事が何度かあります。また、スーパーなどでも、牛乳やチーズコーナーなど、手前じゃなくて少し遠くの方にある商品の値段が見えない事があります。他の人がいる時などは、遠くから更に値段が見えないので、困ってしまいます。これならもう少しルテインを飲んで効果を期待したいと思います。少しでも視力低下を防げはしないかと、ブルーベリーのサプリを飲みます。寝る前にはアイクリームを塗って、ホットアイマスクをして寝ています。