視力が悪くなっていると感じた人必見!視力低下の原因とは?

目が悪くて裸眼だと周りが全然見えない…という人が増えています。視力低下の原因はどんなところにあるかご存知ですか?原因を取り除けばその視力低下を抑えられるかもしれません。

 

1)パソコンやスマホ、タブレットの長時間使用

仕事でもプライベートでもパソコンやスマホ、タブレットが手放せない時代になりました。いつでも何でも調べられて、文書作成も文字を書くより早く、訂正もお手の物、本当に便利です。

 

しかしそれによって画面の一点を見つめることが多くなり、眼精疲労の状態になったり、ついつい集中しすぎて瞬きの回数が減り、ドライアイになり目が過酷な状況に追い込まれることによって視力が低下しています。適度な休憩、目を休めることが大切です。

 

2)ストレスによる視力の低下

ストレスと視力は一見関係がなさそうに思われますが、深い関係があります。仕事や人間関係でストレスが溜まると目の筋肉も緊張状態になり疲れてしまったり、心因的な問題が視力障害をもたらしたりするのです。目には多くの神経が通っているのでその神経の伝達が上手くいかなくなってしまうことも一因です。ストレスを感じたらリフレッシュをして心身ともに健康を心掛けましょう。

 

3)目の病気の可能性

目の病気によって視力が低下するものがあります。しかし視力の低下以外にも痛みや充血などの症状が出てきますのでそのような時には早めに眼科医の診断を受けるようにしましょう。

 

毎日の生活を見直して視力が低下しないように改善してみてはいかがでしょか。