自分でできる超簡単!視力回復マッサージとは?

パソコン、スマホ、ゲーム、テレビetc、近眼になる原因はたくさんあるもの。疲れ目をほったらかしにしていると、あっという間に視力が悪くなってしまいます。そこで、疲れ目をほぐし、視力をある程度回復してくれるツボのマッサージを紹介します。

 

1.まぶたの奥をマッサージ

目のツボと言われる部分はたくさんありますが、やはり目の周りが一番のツボ。まずは目をつぶり、親指をまぶたの奥に軽く突っ込んでみてください。

 

まぶたの奥の上を触ると痛みを感じると思います。ここを親指の腹で優しくマッサージをしてください。血行が良くなり、驚くほど疲れ目が解消されます。

 

2.こめかみをマッサージ

こめかみを親指の腹で下から上へ撫でてみてください。疲れ目の方は痛みを感じると思います。目を使い過ぎると、こめかみの血行が悪くなるので、ここも親指の腹で下から上へとマッサージをしてください。

 

一分ほどゆっくりと撫でてやると、あっという間に血行が改善し、かなり疲れ目が改善します。特に夜、かすみ目などで落ちた視力が回復するのでお試しあれ!

 

3.頭皮をマッサージ

血行の悪さは頭皮全体にも広まるものなので、両手の指を使って頭皮をマッサージすると、やはり疲れ目がだいぶ改善します。まぶたの奥やこめかみほどではないですが、頭皮マッサージも効果があるので、ぜひご実践ください。

 

4.耳たぶをマッサージ

耳たぶは目のツボが結集していると言われています。指で摘むと痛みが出るほど、顕著に疲れ目の副作用が出るので、耳たぶも優しくマッサージをすると効果的。耳たぶは痛みが強いので、優しくマッサージをするのがコツです。

 

以上のマッサージを、疲れ目を感じた時、もしくは寝る前にやるようにしてください。毎日やらなくても、思い出した時にやるだけでかなり視力が回復すると思います。一度落ちてしまった視力は回復しないので、疲れ目を放置しないようにしてくださいね!