必見!飛蚊症(ひぶんしょう」にはルティンが効果的?

「飛蚊症(ひぶんしょう)」の患者数は、20人に1人といわれています。しかしこれはわかっている数字で、実際には9人に1人ともいわれています。

 

「目が見にくくなる」のを植物からできた『ルティン』の栄養分がカバーすると最近の研究で発表されました。

 

「ルティン」ってなに?

飛蚊症になりたくなければ「ルティン」をたくさんとることが良いと言われています。ルティンはほうれん草などの青い野菜などに入っている”カロテノイド”という栄養素のなかまで、「ビタミン」みたいなものです。

 

ルティンは目の健康のために、ものすごいはたらきをしてくれることが分かっています。ただ、食べ物からルティンを十分にとろうとしたら、とんでもない量を食べなくてはなりません。最近では食べ物から取り出したルティンだけをカプセルに詰めたサプリメントもありますから、それを飲むのが良いでしょう。

 

そもそも飛蚊症(ひぶんしょう)ってどんな病気?

 

人の目は、薄い「ガラスの玉」のようなつくりをしています。顔の前にあるものがそのガラスに映って、人は「見える」と感じるのです。その透明なガラスが垢でくもってしまうのが「飛蚊症」の正体です。

 

歳をとってくるとだんだん垢がたまってきてガラスがくもり、黒い点が見えたり、ボヤーッとかすんでしまったりするんです。掃除をしていないガラス窓では、外がはっきり見えないのと同じことです。

 

飛蚊症になる人ってどんな人?

 

飛蚊症はお年寄りの方だけがなるわけではありません。最近では若い人でもパソコンやスマホをよく使いますね?じつは、光が出ているパソコンやスマホは”読書の何倍”も目を疲れさせてしまうんです。

 

だから最近では20歳くらいの若い人でもも飛蚊症になってしまう人が増えています。ゲームをしていると、目が疲れてることにも気づかずに熱中してしまうので気をつけなくてはいけません。