私の旦那には、子供の頃は視力が良かったのですが、
大人になるにつれて視力が悪くなってきました。

 

私は、コンタクトにしたので「視力が悪い事の不便さデメリット」がよく分かります。

 

実際、私がコンタクトにした時は今までとは違う見え方にビックリし感激したからです。
ですが、旦那さんも以前の私と一緒で「視力が悪い事が当たり前」になっていましたので、

 

本人は、あまり不便さを感じてないようでした。

 

「不便を感じたらメガネをかけたらいいや!」くらいの感じでした。
ですが知らず知らずのうちに視力が悪くなっていき、

 

ようやく旦那さん自身も不便さを感じるようになりました。
そんな時ちょうど私の友達の旦那さんが、レーシックの手術をしてすごいいいよ!と
教えてもらい、キャンペーンのチケットをもらいました。

 

そして、旦那さんに話したら、始めはあまりまだ聞いた事がない
「レーシック手術」に不安はあったものの、最終的には旦那さん本人が
「レーシック手術をしたい」と思いました。手術は成功し、今、

 

旦那さんは快適に「見えるのが当たり前」の中、生活しています。